注目の記事 PICK UP!

北朝鮮のミサイル落下地点予測まとめ!目的はなぜ?威力の範囲を調査!

こんにちは。

 

北朝鮮によるグアムへのICBM発射予告依頼、、、

さらに、

緊迫度を増す北朝鮮情勢。。。

 

これまでの瀬戸際外交ではなく、

もうその危険水域は瀬戸際を超え、

今にも決壊しそうに見えます!!!

 

もちろん、

外交努力や様々な手段で半島有事、いや、

北朝鮮が自己申告どおりのミサイルをもっているなら、

環太平洋有事と言って良い事態が起こらなければ良いと、当然思います!!

 

しかし、

起こってから備えたのでは遅いのです。。。

 

ここでは、

北朝鮮のミサイルの標的と、そしてその被害範囲の想定をやってみたいと思います!!

 

スポンサードリンク




 

北朝鮮のミサイル落下地点予測まとめ!目的はなぜ?

 

もし、環太平洋有事が勃発し、

北朝鮮が日本にミサイルを打ち込むとしたら、、、

その目標はどこになるのでしょうか??

 

この時、

考えなければいけないのは、

北朝鮮がミサイルを打つその目的です!!

 

もし、

北朝鮮が本気で日米韓の連合軍に勝つ気でいるならば、

その目標は自衛隊の基地在日米軍基地でしょう!!

 

 

しかし、

それはあまりにも考えにくい話です。。。

と、なれば、

ミサイルを本気で勝つために撃つということは考えられません。。。。

 

そうなれば、恣意行為です。

これはつまり脅しで、、、

言うなれば、戦争回避の強引な手段ということになりますが、

これだと海に撃つくらいが精一杯です。。。

 

今までとあまり変わりません。。。

 

では一番危険なのは何かというと、、、

これはもう自爆行為というやつです!!!

 

アメリカとのっぴきならない事態に突入し、

なんの計画性もなくヤケになってミサイルを撃つ。。。

 

なんとも滑稽な話ですが、

実は日本にとって一番恐怖なのはこの場合です。。

というのも、

もし北朝鮮が挑発行為の加減を間違えて、

アメリカの虎の尾を踏んだ場合、

この結末になるシナリオが一番濃厚だからです。。。

 

そして、、、

その目標は、きっと東京でしょう。。。

 

理由は一つ、

そこに撃ち込むのが一番確実で、

一番派手な最後を迎えることができるからです。。。

 

スポンサードリンク




 

威力の範囲を調査!

 

北朝鮮の申告によれば、

北朝鮮にある核弾頭の威力は50キロトン

20キロトンである広島型原爆の、

単純計算で2.5倍になります。

 

では、

この数値を元に、

大雑把ではありますがミサイルが東京駅に落ちたとして被害の想定を行ってみましょう。。。

 

 

東京に落ちてきた場合の被害想定。。

・半径6キロ圏内(渋谷・新宿・スカイツリー付近): 家屋はほぼ全壊、生存はほぼ不可能

・半径12キロ圏内(羽田・川口・浦安付近) : 木造家屋が大きく破損、人体に深刻な熱傷と放射線障害

・半径34キロ圏内(町田・磯子付近) : 衝撃波や爆風で窓ガラス破損、熱線で火傷の危険

 

 

もちろんこれは大雑把な想定であり、

実際はどうなるかわかりません。。。

 

それに、

東京上空の防衛は、

日本のイージス艦や地対空ミサイルで行われる予定ですから、

事前に迎撃できる可能性も有ります。。。

 

しかし、同時に、

迎撃したミサイルの破片による被害や、放射能汚染の心配も消えることはありません。。。

 

どうあれ、

もし発射されるようなことがあれば、

甚大な被害があることは間違いないのです。。。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか、

あまり気の進まない予想と想定でしたが、現在その危険がないわけではありません。。。

 

日米韓の首脳、

そして何より北朝鮮の金正恩氏には、

平和的解決に向けた自制心のある問題の解決を進めていってほしいものです。

 

日本も、

あまりどうでもいい問題にかかずらっている場合ではないかもしれません。。。

 

スポンサードリンク




 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 北朝鮮のクーデターが起きない理由はなぜ?崩壊の可能性は近い?

  2. 金与正(金正恩の妹)の性格や横田めぐみとの関係とは?政治局員への就任理由はなぜ?

  3. 北朝鮮との戦争は秒読み?2017年の最新予言がヤバイ!Xデーはいつ?

  4. 北朝鮮の生活レベルの実態は貧しい?食事事情や飢餓問題がヤバイ!

  5. 北朝鮮の美女軍団の接待内容や夜写真がヤバイ!喜び組の実態や末路とは?

  6. 北朝鮮のグアムへのミサイル攻撃はいつ?日本の上空通過でルートはどこ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP