注目の記事 PICK UP!

北朝鮮のクーデターが起きない理由はなぜ?崩壊の可能性は近い?

こんにちは。

 

連日核ミサイル問題で世間を騒がせる北朝鮮!!

拍車をかけるように、

アメリカのトランプ政権の強硬な態度が、

極東有事の危険性を高めていますよね。。。

 

ここでは、

そんな北朝鮮の現状について解明していきたいと思います!!

 

スポンサードリンク




 

なぜクーデターは起きないのか

 

独裁者の治める国において、

それを覆す手段のうち、

国内の動きの代表的なものがクーデターです!!

 

つまり、

独裁者の配下である軍部が独裁者に対して反旗を翻し、

独裁者を倒して政権を奪取するというものですが、、、

北朝鮮でそう言った動きは見られませんよね。

 

しかし、

この答えは案外簡単です。

 

ひとつは「先軍政治」もうひとつは「中国の影響」です。

 

先軍政治

 

北朝鮮では、

軍事力を第一とする先軍政治という政治体制が取られています。

 

この全てにおいて軍事が優先する先軍政治下の北朝鮮においては、

当然のように軍人は特権階級です。

 

クーデターというのは、

軍部が政権に不満を抱いて起こすものです。。

それも、

万が一失敗すれば一族郎党皆、息の根を止められてもおかしくないくらい非常なる決意が必要なものです!!

 

いま現在、

金一家の下で特権階級として暮らしている軍人が、

命がけでその打倒を目指すのは考えにくいですよね。。。

 

 

中国の影響

 

これまでの世界のクーデーターのいくつかは、

独裁政権に対立する国の介入によって行われています。。。

 

具体的な国名は出しませんが、

独裁国家との政治的軋轢解消のため、

世界の警察を自称していたとある国がクーデターを先導し軍事供与をしていたなんて言う話も珍しくはありません。

 

しかし、

北朝鮮は地政学的にも歴史的にも、

中国の影響下にどっぷりとつかっている国です。

 

もし、

北朝鮮の独裁を快く思わない国が、

軍事供与してクーデターを画策しようものなら、

それは中国の逆鱗に触れる事でしょう。。。

 

ですので、

中国の影響下にある限り、

外部の扇動によるクーデターも可能性は薄いですね。。。

 

スポンサードリンク




 

政権崩壊はあり得るのか

 

これはあり得るという言い方しかできません!!

 

可能性はゼロではないという言い方をすれば、

何でもありですからね。。。

 

しかし、

喫緊に可能性が大きいかという話になれば、

これは五分五分だという言い方になると思います。。。

 

そういう意味では、

崩壊の可能性はかなり大きくあるという言い方になるでしょう!!

 

 

では崩壊の原因ですが、

これは皆様がいまリアルタイムで危惧しているアメリカとの表立った衝突です!!

 

いくら中国の影響下にあろうと、

北朝鮮がアメリカの領土領空領海内にミサイルを撃ち込めば、

中国と言えどアメリカの報復的軍事行動を止めることなどできません。。。

 

そうなれば、

どんな形であれ北朝鮮政権は崩壊するでしょう。。。

 

もちろん、

日本や韓国を含めて多大な損害が出る恐れがありますから、

ぎりぎりまで関係国が調整はするでしょうが、

確率として北朝鮮政権の崩壊どころか北朝鮮という国家の消滅まであると言って過言ではありません!!!

 

ほかには、

飢饉や飢餓による経済的な崩壊も考えられますが、

いま危惧すべきは対米関係の方でしょうね。。。

 

スポンサードリンク




 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 北朝鮮との戦争は秒読み?2017年の最新予言がヤバイ!Xデーはいつ?

  2. 北朝鮮のグアムへのミサイル攻撃はいつ?日本の上空通過でルートはどこ?

  3. 北朝鮮のミサイル落下地点予測まとめ!目的はなぜ?威力の範囲を調査!

  4. 北朝鮮の生活レベルの実態は貧しい?食事事情や飢餓問題がヤバイ!

  5. 金与正(金正恩の妹)の性格や横田めぐみとの関係とは?政治局員への就任理由はなぜ?

  6. 北朝鮮の美女軍団の接待内容や夜写真がヤバイ!喜び組の実態や末路とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP