注目の記事 PICK UP!

安倍晋三首相の家系図や先祖一族まとめ!子供は養子をとるのか?

こんにちは。

 

政界のサラブレッドといえば、

今の内閣では安倍晋三総理大臣と麻生太郎副総理が文句なしのツートップです。

 

麻生さんに関しては、

天皇家ともつながりがあるというのですから、ちょっと桁が違います。。。

 

しかし、

安倍総理だって負けてはいません!!!

 

その家系図は、

日本の歴史を彩った数々の偉人で煌星のごとく輝いています!!!

 

スポンサードリンク




 

安倍晋三首相の家系図や先祖一族まとめ!

 

●華麗なる安倍家の一族

 

安倍家の家系図画像がこちら!!!

 

まずはやはり安倍さんの家系を語る上で外せないのが、

祖父に当たる岸信介元総理大臣ですね。

 

 

もちろん父親である安倍晋太郎氏も、数々の大臣を歴任し、

DAIGOのおじいさんとして有名な竹下登元総理大臣の次期総理として筆頭候補だったのですが、

岸信介氏の前では正直小粒でした。。。

 

といっても、

安倍晋太郎氏が小人物なわけではなく、

岸信介氏は昭和の政治の歴史を語る上で決して忘れてはならない大人物で、

昭和の妖怪と言われた日本の近代史の中でも有数の大人物なのです!!

 

なにせ、

激動の戦中戦後どちらの時代でも大臣を歴任し、

A級戦犯の罪に問われ、

そののち総理大臣になって長期政権を築いたのですから、、、

歴史の重みが違います。。。

 

 

ちなみに、

ノーベル平和賞の佐藤栄作氏は岸信介氏の実の弟で、

安倍総理にとっては大叔父にあたるというのですからサラブレット感満載です!!

 

さらに、

森友問題で話題になった昭恵夫人もかなりの名家の出身です!!

 

ご実家はなんとあの森永製菓の創業者一族というのですから、

ちょっとドラマでもできすぎなくらいの華麗なる一族というわけなのです!!!

 

スポンサードリンク




 

子供は養子をとるのか?

 

こうなってくると、

この華麗なる一族を誰が継ぐのかという問題は当然持ち上がってくるわけです。

 

というのも、

庶民の私たちにはさっぱりわかりませんが、

こういう名家名門にとって、

その血を継いで繋げていくというのは非常に大切なことだからです!!

 

 

しかも、

ただつながっていくというのでは、意味がありません。。。

 

その家を代表するような功績のある大人物の後ろに繋がってこそ、

家系図の価値は上がるというもの……らしいです。。。

 

と、なると現安倍家においてはそれは当然安倍総理ということになるのですが、、、

実は、

安倍総理と昭恵夫人の間には、、、

未だ子どもはいません。。。

 

常識的に考えて今後も難しいだろうと思われます。。。

 

 

そこで持ち上がってくるのは「養子」となるのですが、、、

現在一番の候補は、

安倍総理の実の兄である安倍寛信氏の長男寛人氏だと言われています!!

 

もちろん、

どうなるのかは詳しくはわかりません。。。

名家も大変ですね。。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

 

いかがでしたか、

安倍家の華麗なる一族ぶり!!

 

もちろん、

総理大臣としては、

どんなに家柄が名家だろうとその実力とは関係なく、

評価の項目には値しません。。。

 

しかし逆に、

一部野党議員の言うように名門の出だから、、、お坊ちゃまだから、、、

ということがその評価を下げることがあってもいけないだろうと思います。。

 

こういう家柄云々というのは、

「はぁすごいなぁ」と眺めるのが正解で、

これをもって個人を評価したり、

また、

卑下したりと言った材料にすべきものではありませんよね。。

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 河野太郎の外務大臣は大丈夫?不安な理由はなぜ?中国や韓国の反応がヤバイ!

  2. 枝野幸男の結婚した嫁や息子など家族を調査!実はアイドルオタクだと判明?

  3. 大西健介議員の追及もブーメランで自滅【動画】高須院長に失言で謝罪?

  4. 吉田忠智が落選も党首就任でかわいそう?経歴と学歴や息子は政界入りするのか?

  5. 蓮舫の二重国籍疑惑は何が問題なの?戸籍謄本をなぜ見せなかった?

  6. 細川護煕の嫁の佳代子の激動人生がヤバイ!浅野ゆう子との関係とは?

  7. 河野太郎はアトピーで顔色が悪い?元韓国人で帰化したの?英語力が凄い!

  8. 山口那津男の嫁や息子など家族構成を調査!公明党代表も創価学会の会員ではない?

  9. 小泉進次郎に経歴と学歴詐称の疑惑浮上?彼女は復興庁の美人秘書の智子?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP